相続税申告は税理士が助けてくれる|トラブルは士業にオマカセ

女の人

慰謝料を勝ち取る

hands

一度は愛し合い結ばれた夫婦には、さまざまな問題がつきものだといえます。その中でも特に不倫問題は離婚問題において最もよくあるケースだといわれています。配偶者が不倫をし、精神的苦痛を負った際は相手に慰謝料を請求することが可能です。慰謝料は、精神的、肉体的に苦痛を受けた際に支払いを命じることができる賠償金のようなものです。また、不倫の場合は不倫相手に慰謝料を支払ってもらうことも可能です。しかし、配偶者と不倫相手の両方から同じだけの額を支払ってもらうことはできないので注意しましょう。また、自分たちだけで慰謝料について話し合うと言いくるめられたり、自分のせいにされたりする場合もあります。配偶者の不倫が原因で離婚したい、慰謝料を請求したいという場合は、きちんと弁護士を通して話し合うと適切です。埼玉には不倫問題に詳しい弁護士が数多くいるので安心して慰謝料を請求することができます。配偶者の不倫に悩んでいる人は埼玉の弁護士事務所を訪ねましょう。

配偶者の不倫により、慰謝料を請求する際、自分に非が多くある場合は返って慰謝料を請求されることがあります。暴力や浮気、さらには性交渉の拒否などを繰り返していた場合は、自分に非があるとされ、配偶者の不倫を責めることができないといえます。また、すでに夫婦関係が破綻していた場合も慰謝料を請求できません。さらに、不倫相手が既婚者だと知らずに関係を持っていた場合は、不倫相手から慰謝料を請求することができないので注意しましょう。埼玉には、不倫問題において高い確率で慰謝料を勝ち取ってくれる敏腕弁護士が多く存在します。自分が損をせずに離婚をするためにも、不倫問題がきちんと弁護士に相談しましょう。ちなみに、自分が不倫をしてしまった際も、埼玉の弁護士事務所に相談すると適切です。支払う慰謝料の額を最低限に抑えるためにも先手を打っておきましょう。